アトピーが治ったらイボになるのはなぜ?

私は、長年 アトピー性皮膚炎に悩まされてきました。

皮膚科に通院して ステロイドは乱用しないように気をつけて、諦めずに治療をしてきました。

年齢的には、35歳を過ぎたころから、薄紙をはがすように少しづつですが、痒みが消えて尚且つ肌の赤みも取れてきました。

これは非常に嬉しくて、世界が変わったように見えました。

そして、人生観も変わりました。

もちろん、ステロイドを乱用しない代わりに肌ケアの工夫は色々とやってきました。
赤ちゃん用のアロベビーを大人だけど使ってみたり。本当に色々です。

ところが、身体の治ったはずの湿疹が、完全に綺麗には消えずに ところどころイボになって残ってしまいました。

痒みは消えて赤みも治まり、治ったのは良かったのですが、皮膚が角質化して少し盛り上がったようになりました。

これが いまだに全然消えず、今度は加齢に伴ってだんだん増えてきます。

最近では首の周りにも小さなポツポツしたイボが出現してきました。

医師の話では、「内服では治りませんよ〜」と、眼科用の小さいハサミでカットできるものだけ切除してもらいました。

それで多少は首もおなか周りも 目立たなくなりました。

でも、イボというものは、そこから茎をもって成長し始めます。

大きく目立つようなら、皮膚科で切除です。

この繰り返しですが、自宅で自分でイボを綺麗にする方法は無いものでしょうか?

年を重ねても、出来るだけ綺麗でいたいのに、なぜ こんなにもイボが増えるのか?

私の悩みです。